0484_楽天市場は日本の文化に適応している

楽天の強み①

昨年、長年使っていたAmazon Primeを解約してからずっと楽天市場のお世話になっています。楽天市場はUIが独特で見にくいし使いにくいと思っていたのですが、使い始めると不便さよりもメリットのほうが多いことに気づきました。

まず、ポイント付与ですが、楽天経済圏にがっちり入っているとかなりポイントが付与されます。通常の付与ポイントの5倍〜10倍くらいは付与されます。キャンペーンの時に購入すると40倍くらいになることもあるそうです。ポイントの増加速度が異常に早く、気づいたら数万円溜まっているということも結構あります。楽天モバイルを使っているのですが、携帯料金もポイントで払えるので、使い所が多く助かっています。

楽天の強み②

次に楽天市場の最大の特徴ですが、ギフト設定がかなり細かくできます。日本のギフトは独特の文化があり、お中元、お歳暮、お祝い、内祝いなどで使うのしの種類が異なります。さらに、内のし、外のしなどもあるので、そういったしきたりに対応しているのが助かります。

楽天市場は購入前に独特の大量のプルダウンメニューが出てきます。何かの項目に対して「了承します」という選択肢だけを選ぶトラブル回避的なものから、のしの種類、包装紙のカラー、のしに印刷する文字などギフト設定ができます。

AmazonはUIがシンプルでわかりやすい分、そういったきめ細かいギフト設定を犠牲にしているのかもしれません。あるいは、海外店舗が多いのでそもそもそういったギフト設定に対応していないのかもしれません。

楽天の強み③

さらに、配送ですが、こちらは圧倒的にアマゾンに軍配が上がります。楽天市場も翌日配送に対応している店舗も多くなってきてはいますが、きめ細やかな対応を重視していたり、土日祝には発送しない店舗もあるので、はやり遅い感は否めません。

ただ、翌日配送や当日配送はアマゾンが持ち込んだ異常な文化でもあるので、それに慣れてしまっている利用者側にも問題があると思います。異常な文化が物流に負荷をかけているので、個人的には配送がたとえ遅れたとしても、土日祝をしっかり休んでいる店舗のほうが健全だと思いました。

楽天の強み④

最後に、Amazon Primeを解約した最大のメリットはアマゾンプライムビデオに時間を溶かされないようになったことです。アマゾンプライムビデオはコンテンツが充実しているので、ついつい、スマホで手軽に寝転びながら、色々なコンテンツに時間を取られていましたが、そういった時間をなくすことができました。おそらく、このメリットは年間で数百時間にはなると思います。

おっさん
■楽天市場は日本の文化に適応している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)