0487_虫歯の治療を2箇所一気に行う方針

スピードのある治療

先日から歯医者に通っているのですが、これまでの歯医者に対する固定観念や常識がことごとく破壊されていて驚嘆させられています。先週の木曜日に初診したのですが、次回予約が4日後の月曜日だったのです。これまでの歯医者だと少なくとも1週間あけて再予約が通常でした。しかし、この歯医者は予約が取れるのであれば、中日をあけずに治療してくれるそうなのです。そして、本日月曜日にお世話になり、次回予約が予想たがわず早くも3日後の予約だったのです。

これまでは、一度治療した歯には一定の負荷がかかっているので、少なくとも歯を1週間は休ませてあげないといけないと勝手に思いこんでいたので意外でした。確かに普通に考えて見れば、次回治療するところは別の歯なので、わざわざ1週間以上あける必要はないのかと合点がいきました。

効率的な治療

次に虫歯の治療ですが、本日、虫歯を一気に2箇所治してもらいました。これまでは一回あたり一箇所の治療が原則で2箇所同時は体験したことがなかったからです。

まず、右奥歯上と右奥歯下を2箇所一気に削ってくれます。次に、セメントみたいなものを2箇所同時に塗りつけて、一箇所ずつ乾かしてくれます。最後にかみ合わせの最終調整をしてくれて、わずか30分ほどで終わってしまったのです。

それで治療費が2000円くらいだったので、時間的金銭的コスパはすごくいいと思いました。

進歩的な治療

最後に虫歯治療後、「すぐに食べてもいい」と言われました。僕が小学生くらいの時は数時間食べたらいけなくて、社会人になってからも1時間くらは食べないようにと言われていました。当時は治療した箇所のセメントが若干柔らかい感を感じていたのです。

しかし、今の治療は何かの光線を浴びせて速乾させているようなので、治療後すぐに治療箇所がカッチコチになっていました。

自分の中にあるもの

今回の体験で、これまで当たり前だと思っていた歯医者さんの常識が覆されました。治療に1週間以上あけなくていいことや虫歯治療を一気に2箇所行うといったことです。同じように自分の中にも自分の周りにも同じように固定観念や常識があると思います。

たとえば、「そもそも」という言葉を自分の中に発動させて、?を起こさせて、無駄や不要な労力をなくすこともできたりするんじゃないかな〜と思わされました!

おっさん
■固定観念や常識の中には意外と無駄が多いかもしれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)