中国のトレーニングジム入会の勧誘

数週間前、帰宅途中、マンション付近で、黄色い服を着た人たちがビラを配布しているのを見ました。ビラだけをもらって、そそくさとそこを通り過ごそうと思ったら、考えが甘かったです。私がビラを受け取ると、すぐに彼は私の歩く速度に合わせ、ぴったりと私の横につきながら、勧誘を始めてきてしまいました。そのビラはフィットネスクラブのビラでした。彼は、かなり強く施設に足を運ぶよう要求してきました。

わたし
時間がないよ。
施設はこの近くだよ。
わたし
どこにあるの?

彼は、ある建物を指で指しました。その指の先を見てみると、なんとバベルの塔(わたしの住むマンション)がそそり立っていました。彼の話によると、どうもバベルの塔の4階に新しくフィットネスクラブが新設されたとのことでした。

わたし
しまった。

このままですと帰宅するまで、つきまとわれます。何とか断ろうと思いましたが、昔のキリスト教の路傍伝道さながらのしつこい勧誘で、彼の仕事に対する情熱にも負けてしまい、まんまと彼の言われるまま、私は施設に連れていかれました。

施設に入ってみると、そこは、ホテルのロビーのような豪華な飾り付けがなされており、全体的に綺麗で雰囲気も非常に良かったです。設備は日本のフィットネスクラブと大差ないように思われました。彼の説明を聞きながら、一通り見学しているうちに、サウナもついていることが分かり、少しづつ興味が沸いてきました。それに、価格は思ったより全然高くありませんでした。

  • 現在申し込むと、1,980元/1年(34,000円ほど)
  • 通常価格は、2,880元/1年(49,000円ほど)

現在申し込めば、一日あたり5元(85円)で、施設を使い放題ということにります。営業時間は、8時から24時までで悪くないと思いました。その時に、頭金500元(8,500円)を要求されたが、もう少し考えさせてくれるようにお願いし、その日は、決断せず、頭金も払わず帰宅しました。

価格、設備は悪くなく、特に営業時間が24時までは嬉しかったです。というのも、私は夜の授業がある時は、21時30分頃に帰宅し、24時ごろに就寝しています。その間の180分は、シャワーを浴びる以外に、その時間を使って何かをする娯楽を有していません。テレビはありますが、通信契約切れで何も映りません。また、諸々の理由から、インターネットの線は引いていません。煩わしいやりとりを避けるため、携帯はwifi環境が無い所では、電話とメールしかできないものを使用しています。

誰か
じゃあ、お前はクリスチャンなんだから、聖書と祈りで神との関係を深めればいいじゃないか!
と言われるかも知れないが、いくらクリスチャンとはいえ、聖人じゃないですし、人間ですし、精神も有していますし、180分間ずっと祈りと聖書だけではリラックスできません。そこで、フィットネスクラブへ行けば、この時間を気分転換に使えると思ったのです。

しかも、そこへ行くには9階から4階まで、エレベーターで降りるだけでいいのです。こんな便利はありません。特に最近、高血圧が発覚してからは、健康に気を使うようになったこともあり、サウナで体内の老廃物質を出すことができれば、もっと、体調がよくなるのではないかと思いました。ただ、引っかかったのが、予定外の出費であるということです。頭金はいいにしろ、残りの1,480元を一括で払うことだけはためらわれた。それさえクリアできれば、申し込んでもいいと思いました。

数日後、マンション付近で、たまたま、そのお兄ちゃんにつかまりました。ストーカーさながらの遭遇頻度です。

早く申し込まないと、オープニング価格の枠が無くなってしまい、通常価格になってしまうよ。

価格、設備、営業時間には、満足していることを伝えて、分割払いが可能か確認すると、彼は、頭金を500元払い、残りの1,480元は6月までに払ってくれたらいいと言ってくれました。それなら、急な出費を抑えられるので、もう、ためらう必要はありません。そして、先日頭金を払いに行ってきました。これで、帰宅後の時間を有効活用でき、サウナで老廃物質を汗とともに排出することができ、ダビデ像のような美しい肉体を手に入れることができます。

しかも、一日あたりの出費は85円程度。

もちろん、体の訓練も大切ですが、もっと、大切な訓練があることも忘れず、帰宅後の時間を使っていこうと思います。

体の訓練は少しは益するところがあるが、信心は、今の命と後の世の命とが約束されてあるので、万事に益となる。

カナンの地は今日も輝いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)