0531_円安で不安にならないために

価値は人によって変わる

価値は絶対的なものではなく相対的なものです。人によって価値が変わります。ある人にとってはガラクタと思えるようなものであっても、ある人にとっては喉から手がでるほどほしいものであるなら、びっくりするような値段がつけられるのです。

ヤフーオークションやメルカリなどは人によって価値の感じ方が違うというったところにビジネスモデルがあるのかもしれません。わらしべ長者のストーリーも同じだと思います。

情報も同じ

別に物じゃなくても同じです。情報も格差があればあるほど価値が生まれます。ある人にとったら、無料同然の情報だと思っていても、ある人にはお金を出してでも知りたい情報である可能性があるのです。基本的にビジネスというのはこういった双方の格差が大きければ大きいほど多くの利益を出すことができるのだと思います。

ですので、利益を最大化するにはビ双方の格差が大きい相手をお客さんとして迎えるのがよさそうです。そのほうがお客さんも喜んでお金を払ってくれますし、Win-Winの状態になります。お互いが気持ちよく仕事をするには、マッチングアプリなどでパートナーを探すのと同様に、ビジネスマッチングが重要だと思います。

場所や時間によっても変わる

また、価値は場所によっても変わります。日本で中国の物産店がありますが、中国で買うよりもうんと高い値段が付けられています。また円安で越境ECが人気ですが、これも帰る場所の格差があるので、価値が生まれています。

更に、価値は時間によっても変わります。もし、将来にわたって価値が上がると見込まれるなら、期待値とともに現在の価値も上がります。ここ数日著しく円安が進行していますが、きっと日銀が短期プライムレートの利上げをすることはしばらくないだろうとの見込みから、海外投資家の円売りが続いているようなのです。

永遠に変わらないもの

以上のように価値は人、場所、時間によって著しく変わります。だから、たとえ円建てで1億円もっていても、対ドルで見ると大半に損をしたりする状況が生まれてしまうのです。

そういったものに絶対的な希望を置こうとするときっと不安になると思います。大切な財産が確実に目減りする恐怖があるからです。唯一目減りしない価値が変動しないものは天国に蓄えられるものです。これこそが、永遠に変わらない価値を人に与え続けます。

あなたがたは自分のために、虫が食い、さびがつき、また、盗人らが押し入って盗み出すような地上に、宝をたくわえてはならない。 むしろ自分のため、虫も食わず、さびもつかず、また、盗人らが押し入って盗み出すこともない天に、宝をたくわえなさい。 あなたの宝のある所には、心もあるからである。
マタイによる福音書 6:19-21

そして最大に価値のあるものはイエス・キリストご自身です。

わたしは、更に進んで、わたしの主キリスト・イエスを知る知識の絶大な価値のゆえに、いっさいのものを損と思っている。キリストのゆえに、わたしはすべてを失ったが、それらのものを、ふん土のように思っている。それは、わたしがキリストを得るためであり、律法による自分の義ではなく、キリストを信じる信仰による義、すなわち、信仰に基く神からの義を受けて、キリストのうちに自分を見いだすようになるためである。
ピリピ3:8-9

先行きが不透明、不安定になればなるほど、イエス様の価値がいよいよましていきます。

おっさん
■価値は変わるが、変わらないのはキリストと天に蓄えられる資産

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)