0386_NFTバブルが弾けた!?

NFTの盛り上がりについて

興味があるなしに関わらず、仕事でNFT関連のことがあるので、NFTやブロックチェーンに注視せざるを得ません。個人的にはNFTというものには否定的ですが、会社の利益のことを考えたり、この技術がこれからどう評価されるかには興味があるので、毎日ニュースを追いかけています。

そして、もしかしたら、既にNFTバブルが弾けたかもしれないと思わせるニュースが飛び込んできました。なんと、1年前に3億円以上で落札された世界初のジャック・ドーシー氏のツイートのNFTが、今では100万の値段すらついていないようです。

引用元:gigazine.net

以前はNFTアートが数千万円で売れたとか、デジタルデータのトレーディングカードに数百万円で売買されるとか、子供の描いた絵画が数千万円で売れたとか、一気にNFTに注目が集まっていましたが、これを期にどうなるかわからなくなってきました。

NFT界隈

多くのNFTが売買されているOpenSeaというマーケットプレイスには本物かどうかもわからないNFTが大量に販売されています。玉石混交で、どれが本物のNFTかもわからない状態になっています。

Twitterでは、誰かが作った3DモデルをそのままパクってNFT化して販売されたりしており、著作権の問題にも発展しています。スキルマーケットなどでは、ピクセルアートでNFT用の素材を大量に作ります!といったような商品も売られていて、完全に供給過多になっており、需給バランスは崩れています。

一攫千金のチャンスとにらんだクリエイターや大型IPをもつ企業がこぞって参入しましたが、本当にこれから盛り上がるのか疑問しかありません。

価値があると信じるかどうか

1万円紙幣はそれ自体にはそれほど価値はなくても、「みんなや日銀が1万円の価値がある」と信じるから価値があります。NFTも技術基盤があり、みんながそれに価値があると信じるなら、信じ続けるなら、価値は維持されていくでしょう。

しかし、人間が値上がりが期待できないNFTに対して、技術基盤だけを信じて、コピーし放題のデータを持つことだけに満足し続けられるかどうかには、すごく関心があります。

みんなが価値があると言っているから信じるのではなくて、たとえ、周りが価値がないと言っていても、自分にはこれに価値があると思えるものがあるほうがいくぶんいいと思いました。

おっさん
■みんなが信じるから価値があるというのは、本当の価値なのだろうか?
■自分が価値があると信じれるものを見つけられれば、その価値はきっと変わらないだろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)