0346_超回復ならぬ超恵みの絶大な効果

超回復の効果

ランニングや筋トレをして筋肉を使ったあと、十分に休息と栄養を取ると、超回復という現象が体内に起きて、筋肉量の増加を期待することができます。例えば、筋肉トレーニングでは、まず自分の限界ギリギリのラインまで筋肉を使い、筋肉を破壊します。その後、休息を経て破壊された筋肉が修復されるのですが、その際に、以前よりも多くの筋肉が生成されるので、超回復が起こるのだそうです。

実際に、自分の記録を更新する内容でランニングや筋トレをした翌日は、車にはねられたんじゃないかと思うくらい、全身が痛く、重さを感じます。しかし、24時間〜48時間ほど経つと、体の痛みはなくなり、筋肉量の増加を感じる事ができるのです。

超回復の効果は割と即効性がある

もちろん、1回のトレーニングではなかなか効果はわからないですが、数ヶ月単位で継続していくと、はっきりと超回復していることを体感することができます。客観的には体重計の筋肉量が増加を示しますし、外観的には腕が太くなってますし、体感的には持ち上げられる重量や回数が増加しています。

昨年の12月から約3ヶ月ほどトレーニングをして感じたことは、体力や筋力は割と成長が早いということです。反対に、体重を1Kg落とすのは容易ではありません。一般的に1kgの脂肪を落とすには9000kcalを消費する必要があります。5kmランニングをしてもせいぜい300kcalしか消費されないので、9000kcalという数字がいかに大変かがわかると思います。筋力がつけば脂肪も燃えやすくなるので、脂肪を燃やす有酸素運動と同時に超回復を期待しつつ筋肉量を増やすのが王道の方法のようです。

精神的な疲労に対しては

一方、僕の心は、超回復どころか、普通の回復すらできていない感じることがあります。「寝ても疲れが取れない」や「週末に2日休んだのに全く疲れが取れていない」という現象が起こることがたまにあります。それは、魂が十分に休息を取れておらず、また自分が抱えている問題を背負ったままにしてしまっているのが原因です。イエス様はこのようにおっしゃいました。

すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである。
マタイ11:28-30

イエス様ご自身のところに切実さと真実な心をもって、能動的に、主体的に、自主的に求めて行く時に、主は真実なお方ですから、重荷を背負ってくださいます。実はすでに十字架の上ですべて背負ってくださっているので、それを信じて明け渡すだけでいいのです。

さらにイエス様に魂が救われている者は日ごとに新しくされる希望を抱いています。たとえ、この世で心くじけることがあっても、メンタルがやられるようなことがあっても、自己嫌悪にさいなまれることがあっても、イエス・キリストにあって、朝ごとに超恵みが与えられるのです。

主のいつくしみは絶えることがなく、
そのあわれみは尽きることがない。
これは朝ごとに新しく、
あなたの真実は大きい。
哀歌3:22-23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)