中国のマンションの住人のモラル

私は自分が住んでいるマンションを、「バベルの塔」と呼んでいますが、名づけ親は私ではなく、以前の日本人の同僚です。ちなみに、彼はクリスチャンではありません。

塔の建物について言いますと、突発的な断水水道管の耐久性のなさエレベーターの安全管理のずさんさ衛生管理。また、塔の住民について言いますと、周囲を無視したエレベーター内での喫煙行為犬の飼育に対する飼い主のモラルのなさ夜中に聞こえてくる叫び声痴話喧嘩などこうした光景が彼の目には、「混乱」と映ったのかもしれません。

バベルという言葉は、まさに混乱という意味で、ノアの箱舟の出来事以降、人間が高慢になり、一致団結、天にも届きそうな塔を作ろうとしましたが、結局、そのことが神の逆鱗に触れ、それまでひとつしかなかった言語が、多言語化し、意思疎通ができなくなったため、計画が中断されたと、創世記には記されています。

私は先週、ある耐え難い、恥ずかしい出来事から、自分はキリスト者といいながらも、自分の心の中に、「巨大なバベルの塔がそびえ立ている」の見ました。キリスト教の人は、あらゆる選択項目の中から、順位を決定するにあたり、創造主なる、救い主なる神が、最高位に置かれなければならないとされています。

まず神の国と神の義とを求めなさい。

この順序が守られないとき、混乱は発生します。私はキリスト者でありながら、自分の中に、二つの思いが共存していることを知っています。神を無視して、高慢に生きたいという思いと、神を第一にして、神と生きたいという思いです。

神の存在を無視して、バベルの塔を建設するように、上へ上へと上がりたいという思ってしまい、キリストが歩まれたような、低くされる道、へりくだる道は価値がないと、思ってしまうことがあります。

私は失敗もするし、弱く、恥ずかしいキリスト者だと思うことが多くあります。それでも、それでも、私は諦めずにこの道を歩んで生きたいと思う。

主の名は堅固なやぐらのようだ。正しい者は、その中に入り込んで救いを得る。

私はバベルの塔にではなく、堅固なやぐらであるイェスの名に逃げ込む。

カナンの地は今日も輝いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)