030_逆張りで、鎧を脱いで白旗を上げる

本日の日経平均は429円安の1万7,002円で、今年の2月6日比7,000円近く下落しています。僕は株は全然やりませんが、「金は天下の回りもの」なので、流通するお金の影響を受けて、自分の生活にも何かしらの変化が出てくるのかなと思って静観しています。

株は物販と同じように、「安く買って、高く売る」ことで利益がでますが、肝心なのが、どのように「安く買う」かですが、

みんなが買っている上昇局面の時に買う(おっしゃ!これからも上がるぞ!)
みんなが売っている下落局面の時に売る(やべ!下がるから売らないと!)
「順張り」

一方で、

みんなが売っている下落局面の時に買う(おっしゃ!安く買える!)
みんなが買っている上昇局面の時に売る(おっしゃ!高く売れる!)
「逆張り」

今は下落しているので、「逆張り」発想で、安く買える!と思いますが、言うは易く行うは難しで、下落局面は心理的な怖さがあります。なぜなら、「落ちてくるナイフはつかむな」で、ナイフが地に落ちる底値は誰にもわからないからです。逆張りで買ったつもりが、さらに下落し続けて、メンタルがやられる可能性もあります。

「逆張り」発想は、主流の逆をあえて狙っていくことです。

例えば、ちまたでは、英語学習が盛んだけど、あえて、少数民族の言語を勉強して深堀して、その分野を極めるという逆張り発想もできますし、今はコロナの影響で、インバウンドが不調ですが、あえて、逆張りでリモートワーカー向けに人里離れたところに旅館業を営むなどです。

聖書にも信仰のゆえに逆張りをした人物がいます。多数の敵には多数で当たるのが戦いの主流ですが、ギデオンは神様の命令通りに3万2,000人の兵士をわずか、300人までに減らして戦闘にあたり、神によって見事勝利を得ます。

また、通常、戦争では、武具を身に付けるのが主流ですが、ダビデは、ゴリアテとさしで戦う際にサウルから支給された鎧を着用しないで、羊飼いの杖と石投げだけで、神によって見事勝利を得ます。

彼らは自分のつるぎによって国を獲たのでなく、
また自分の腕によって勝利を得たのでもありません。
ただあなたの右の手、あなたの腕、
あなたのみ顔の光によるのでした。
あなたが彼らを恵まれたからです。
詩編44:3(口語訳)

株式相場はどう変動するかわからないので、逆張りは賭けです。しかし、神様の前にへりくだり、命令に従った信仰による逆張りは必ず、勝利に導かれます。

僕は愚か者なので、すぐに高慢になってしまいます。ですので、死に至るまで従順で貫き通されたイエス・キリストの前で鎧を脱いで、へりくだって、今日も白旗を上げます。